【歌舞伎演目】阿古屋|坂東玉三郎の美しい姿に震えた話

 

こんにちは、パープルです。

 

少し前の話になりますが、2018年12月に私は歌舞伎座に行きました。

 

目的は、その月に行われていた十二月歌舞伎を観るため。

 

特に、坂東玉三郎さんの『阿古屋』が1番の目的でした。

 

知ってる人は知っている、あの坂東玉三郎さんの神々しいまでの美しさを観るためです。

 

というわけで今回は、その時のレビュー記事です。

 

坂東玉三郎の阿古屋が観れなくなるかも…

2018年12月の十二月歌舞伎、夜の部の演目はこのようになっていました。

  • 1幕目:壇浦兜軍記 阿古屋
  • 2幕目:あんまと泥棒
  • 3幕目:二人藤娘

 

で、私の1番のお目立てが、1幕目の『壇浦兜軍記 阿古屋』です。

 

↓これは歌舞伎座公演のチラシではないけど↓

出典:歌舞伎美人

 

実は私、この時が坂東玉三郎さんの阿古屋を観るのは初めてだったんです。

 

坂東玉三郎さんの…と言うか、これまで阿古屋という役は坂東玉三郎さんただ1人しか演じることができなかったんですよね。

これは歌舞伎ファンならご存知のこと。

 

それで、私はネットニュースやテレビなどで、

玉三郎さんが「歌舞伎の引退も考えている」と言っているのを知っていましたし、

 

この時の阿古屋は玉三郎さんだけではなくて、

玉三郎さんがこのお役を務めて以来初めて、

別の役者さん2人も初役で務めるという貴重な回でした。

 

これを知った私は、もしかしたら玉三郎さんの阿古屋はもうすぐ観れなくなるかも…

 

と危機感を覚えまして、「これは絶対観ないと!」ということで、チケットを取って歌舞伎座に行ったのでした。

 

 

それで、観た感想を先に言ってしまうと、、、

鳥肌ものの美しさと素晴らしさでした。

 

美しすぎて、終演後もしばらく放心状態だったくらい。

玉三郎さんに見事に心を持っていかれたわ。

 

阿古屋を観た感想。圧巻の美しさ。

このときの阿古屋は、玉三郎さんが演じる日と、若手役者2人が演じる日に分かれていました。

 

初役の2人も観たかったけど、でも時間の都合もあったのでやはり玉三郎さんの日のみを観に行きました。

 

 

上演開始から終幕まで、玉三郎さんはもちろんこと、他の役者さんや音楽などすべてが本当に素晴らしかったです。

 

花道に登場した玉三郎さんはとても輝いていて、私は花道とは反対の2階席東側に座っていたんですが、そこまで輝きがしっかり伝わってきました。

 

後光が射してるって言ったら変ですが、でもまさにそんな感じ。

オーラとも言うかな。

漫画の効果音で言ったら「パァァァァァ!!」ですよ。本当に。

 

 

私はファッション大好き、服大好きなので、歌舞伎の衣装ももちろん大好きです。

 

歌舞伎の女形さんの衣装は特に色や柄であふれているので、観ていてとてもうっとりしてしまいますし、

「なんでこんなに色柄色柄で派手なのに全然うるさくないし下品じゃないんだろう…」とその絶妙なバランスを勉強させてもらっています。

 

出典:歌舞伎美人

 

歌舞伎の衣装を見ると、日本の美意識っていうのは本当に素晴らしいなぁ、としみじみ感じるんです。

 

 

で、玉三郎さんの衣装をそのとき肉眼で観たわけですが、ただこれは残念、私2階席だったので細部まではよく見えませんでした。てへぺろ。

 

こういうときにやはりオペラグラスは必須ですね。(ただ上げたり下げたりするのが面倒だなという気持ちもある)

 

玉三郎さんが着ている姿をよく観たいという気持ちはありましたが、でもその美しさは2階でも4階でもちゃんと伝わりますから、楽しい気分が下がることは全然ありませんので大丈夫。

 

 

この阿古屋という演目は途中で3つの見せ場があります。

 

通称『琴責め』とも言われる、琴・三味線・胡弓の三曲を阿古屋(玉三郎さん)自ら演奏するという場面です。

 

これについて、玉三郎さん自身はインタビューでこう話しています。

 

「私はすぐに、(重忠に)三味線やめ、って言ってもらいたいくらいです」と、その難しさを冗談めかして語った玉三郎。

 

もう20年近くこの役を務めている玉三郎さんでも、未だに楽器の演奏は大変なんですね。

流暢に弾いているようにしか見えませんが、その緊張や心境を表に出さないのがやはりプロだなぁと思います。

 

なので、美しい演奏が終わるたびに客席からは大きな拍手が起きていました。

 

私は特に胡弓の演奏が好きでした。

ギュンギュンという表現は子供っぽいですが、あの引っ張るような音色を聴いていると、本当に物語の時代に連れて行ってもらえているような感覚になりました。

 

 

で、そんな見せ場も終わり、私がこの上演の中で最も印象深かった、引き幕の場面になりました。

 

演者たちは舞台で構えたまま引き幕となるのですが、その時の舞台全体の様子や、玉三郎さんの美しい立ち姿は、本当にゾクゾクと鳥肌が立つくらいの迫力でした。

 

私、美しいものを見たり触れたりすると、つい口から自然と感嘆の声が出てしまうんですが、そのときもやっぱり漏れました。

 

「うわぁ…………すごいなぁ…………」

 

 

あの瞬間の舞台の美しさは、未だに脳裏に焼き付いていますし、とてもハッキリした夢を見ているような、今もそんな気分です。

 

本当素晴らしいですよ。

まだ観たことがない方には、ぜひ感じて欲しい一場面です。

 

日本の美意識って本当に素晴らしいと、心から思えるはずですから。^^

 

出典:歌舞伎美人

『あんまと泥棒』『二人藤娘』

感動の阿古屋が終わったあとは、2幕目、3幕目と続きます。

 

簡単な感想になりますが、この2つの演目も非常に素晴らしかったです。

 

 

『あんまと泥棒』の市川中車さんと尾上松緑さんの掛け合いがとても面白かった。

 

市川中車(香川照之)さんの演技はさすがですね。

映画やドラマでも迫力ある演技をしていますが、歌舞伎になってもそれは健在。

あんまのいや〜〜らしさを見事に演じていました。(褒めてます)

 

阿古屋とは打って変わって華やかさのない演目でしたが、お二人の演技に魅せられ、笑わされて、とても楽しい演目でした。

 

 

で、そんな『あんまと泥棒』とはまたまた打って変わって、『二人藤娘』はまたとても絢爛な世界

 

これ言っちゃうと初めて観る方の楽しみを奪うと思うので多くは書きませんが、

歌舞伎って伝統芸能ということでお堅く思われているところがありますが、

「ちゃーんとエンタメなんだなぁ」と観終わった後に実感させてもらいました。

 

驚かせかたとか、華やかさとか、心に栄養をもたらせてくれる素晴らしい娯楽。

 

日本って本当に素晴らしい文化を持っています。^^

 

最後に

以上、今回は、2018年12月の歌舞伎座公演のレビュー記事を書いてきました。

 

とても素晴らしい時間を過ごさせてもらったし、一生の思い出というか、、、もはや財産ですね。

 

そんな貴重なものをいただきました。

 

これから歌舞伎を初めて観る方や、阿古屋を観る方の参考になれば幸いです。

 

ありがとうございました。^^

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

こちらもオススメ