プロフィール

プロフィール

 

こんにちは、Purple Online運営者のパープルです。

 

唐突ですが、これまで私は様々な多くの体験をしてきました。

 

生きていれば本当に色んな出来事があり、

うまくいかないこと、辛いことも多いですが、

でも諦めずに生きていれば必ず光は見えてきます。

 

遠回りもしてきましたが、その遠回りがどれほど私を成長させてくれたでしょう?

 

過去のことをあまり思い出せないでいますが、今が幸せであれば問題なし。

 

振り返らなくたって、過去の経験はちゃんと自分の血肉となっていますから。

 

 

私は男性の身体をしています。

ですが、私自身は性別が男だとは思っていません。

 

かと言って、女性でもないのです。

 

じゃあ何か?

 

私は自分自身を、分かりやすく言えば、Xジェンダーと認識しています。

 

 

私の性はとても曖昧な部分もありますが、でもしっかり固まってもいます。

 

男でも女でもない日もあれば、男と女を少しだけ意識する時もあります。

 

男の身体をしていますが、男っていう感覚はとても薄いのです。

 

 

こんな状態なので、

ジェンダーについて疎い方からすると正直そんなことがあるのかと驚くかもしれませんが、

世の中には本当に多種多様な性があって、

男と女の2つしかないわけではありません。

 

光と影だって、ぼんやりしているところは光とも影とも言えませんよね。

 

それと同じようなものです。

 

 

そんなふうにゆらゆらとして曖昧な私の性ですが、

でも私自身は性別なんて関係なく、

「私は私である」と思っています。

 

これが先ほどしっかり固まっていると言った理由です。

 

 

性別が何かなんて、大した問題じゃありません。

 

性別が何であろうと人間だし、私が私であることに変わりはない。

 

だから私は性別が男か女ではっきりしていなくても全く気にしていませんし、

もしかしたら今後生きていく中ではっきり決まるときもあるのかな、

なんてことも思ったりします。

 

いずれにしてもどんな性になろうと、

私は私であることに変わりはないので、

ただ私として生きるだけです。

 

 

私はファッションが大好きで、美しいものに心が惹かれます。

 

自分が着る着ない関係なく、洋服そのものが大好きで、特に女性服に魅了されます。

 

私自身は女性服を着ることだってあるし、もちろんメンズ服だって着ます。

 

女性の服は女性のもの。男性の服は男性のもの。

 

そう決まっているわけではありませんからね。

 

ファッションの醍醐味は楽しむことだし、ファッションは性別という狭い垣根を飛び越えます。

 

だから自分の好きなように着たらいい。

 

「自由にファッションを楽しめる」

 

なんて素晴らしいことでしょうか!

 

 

というわけで、以上簡単にですが、私のプロフィールでした。

 

ファッション含め、文化は本当に素晴らしいです。

 

美しいものは心に元気と喜びを与えてくれます。

 

このPurple Onlineでは、

そんなファッションや文化のこと、

その他色々なことについて私の視点で書いていますので、

楽しんだり役に立ったりしてもらえたなら嬉しいです。

 

 

SNSもやっていますので、よろしければどうぞフォローしてくださいね。

 

インスタで自分のコーデ画像の投稿などをしています。

Twitterでは自分の考えや思うこと、記事更新などをツイートしてます。

Facebookページでは記事更新などをツイートしてます。

 

それでは、Purple Onlineをどうぞよろしくお願いします。