【シネマ歌舞伎】野田版  桜の森の満開の下|鼠小僧の映画の感想

 

こんにちは、パープルです。

 

数ヶ月前の話になりますが、シネマ歌舞伎で上映されていた、

野田秀樹の作・演出である『野田版  桜の森の満開の下』『野田版  鼠小僧』を観ました。

 

鼠小僧の方は普通に話に付いていけたのですが、

桜の森の満開の下はというと、、、正直理解が難しい作品でした。

 

 

鼠小僧のほうは私は、『真の愛・優しさ』みたいなものをメッセージとして感じた作品でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

キャン子さん(@can_coo_69)がシェアした投稿 -

 

もしかしたらあの作品の大事な点はそこじゃないのかもしれないけど、私はそう感じました。

 

 

ただ、桜の森の満開の下はどんなメッセージがあるのか、というと、それがどうにも読めない。

 

 

たぶん、坂口安吾の原作を読んでいないからというのもあるのかもしれませんが、ちょっと私には難しい作品でした。

 

 

あと、どちらの作品もそうですが、野田秀樹さんの作風として、『言葉遊び』というのがあるようですね。

 

私、野田秀樹さんの他の作品も観たことがないので何も言えないんですが、

言葉遊びが作中ふんだんに盛り込まれ、

それがただの遊びなのか、それとも重要なファクターなのか、

そこもなかなか理解できず、ただ何も考えずに眺めていた印象です。笑

 

ダメですね、こんなんじゃ。 苦笑

 

 

というわけで、

物語の感想については何も書けないんですが、

感じたことだけを単純に言っていくと、

『役者さんの熱演が素晴らしかった』

ということはハッキリ言えます。

 

特に、

 

鼠小僧で言えば、主役の中村勘三郎さん。

 

桜の森の〜で言えば、主役の中村勘九郎さん。

 

この主役の方々は上演中、ほとんどずーーーーーーーっと台詞を喋りっ放しで、さすがにこれには驚きと衝撃を受けました。

 

 

しかも早口で喋ることが多く、よくもこんなにやれるものだなぁ…と感嘆するほかありません。

 

観た人は知ってると思うんですけど、本当すごいですよね。

 

しかも結構動きが激しいから、勘三郎さんも勘九郎さんも汗かきまくりで。

 

これ、舞台で上演された当時は、この演技を毎日やってたわけですよね。

 

お二人の体力にも驚かされました…。

 

歌舞伎役者って、これくらい普通なんだろうか…。

 

 

ただですね、このように行動量も言葉の数もかなり多いので、その量多めが個人的にはちょっと大変でした。

 

あんまり言葉の数が多いと、その意味を汲み取るのも大変というか、テンポも早いので、結局役者さんが凄いなぁ…という感想ばかりになることに…。

 

私はもうちょっとゆっくりめのテンポが好みです。

 

それに、そのテンポの速さで言葉遊びが多いから、頭の中がどんどん満腹になっていきました。笑

 

お芝居って、本当いろんなのがありますね。

 

 

だけど、どちらの作品も共通しているのは、時代設定は大昔の日本なのに、でも会話の中に急に現代のネタが入ってきたりする。

ああいった要素はやっぱり笑ってしまいますね。

 

急に現代の冗談話をされると間が抜けてしまって。笑

 

 

あとは歌舞伎役者さんたちが普段の舞台では絶対に見せない・言わないような言動を取るのも面白かった。

 

歌舞伎ファンならちょっと嬉しいし、絶対笑ってしまう場面だと思います。

 

 

本当、こういう目に見えて分かる感想しか出てきません。笑

 

物語のメッセージなどについては、嘘吐いて書くのも無理なので、ちょっと私には分からなかったと正直に言っておきます。

 

とにかく主役の行動量が凄まじかった…という印象です。

 

 

あと、桜の森の〜では、中村七之助さんが綺麗だったなぁ。

 

精神がフレてしまっている女を熱演していましたし、終盤の様相が変貌するシーンなども見モノですね。

 

松本幸四郎さんもかっこよくてステキだった。

 

妖艶な魅力を放つ男を美しく演じていました。

 

あと、鼠小僧で中村獅童さんがあんな…あんな役なのが面白かった…。笑

 

 

という感想です。

 

でもこれ、舞台で生で観ていたらもっと迫力が凄かったんだろうなあ。

 

歌舞伎役者ってほんとに凄いと思います。

 

たぶん、この作品を観た人は皆そう言うんじゃないでしょうか。

 

だって、凄いですよねえ?

 

 

以上、ずいぶん表面的な感想になってしまいましたが、レビューを終わりにします。

 

まだ観てない方がこれを読んで、そんなに凄いなら観てみよう、と思ってくれたら幸いです。

 

物語の解釈やメッセージなど、あなたなら受け取れるかもしれません。

 

今度上映されるときがあれば、ぜひ観てみてください。^^

 

ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

こちらもオススメ